災害支援の文化を創造する

特定非営利活動法人
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク

最新情報

お知らせ

お知らせ
2018年10月3日

平成30年7月豪雨災害支援活動報告会〈開催報告〉

9月25日(火)TKP東京駅八重洲カンファレンスセンターにおいて、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)とJVOAD合同による「平成30年7月豪雨災害支援活動報告会」を開催致しました。
当日は、120名を超える多くの方々にご参加いただき、関心の高さが伺えました。


≫あいさつ
中央共同募金会常務理事渋谷氏、内閣府政策統括官(防災担当)海堀氏


≫被災3県からのリレー報告「西日本豪雨から2カ月半。今、必要としていること」
岡山NPOセンター代表理事石原氏、ひろしまNPOセンター事務局長松原氏、えひめグローバルネットワーク理事長竹内氏

3県それぞれの発災当初の動きから現在の活動、今後の課題等を共有しました。


≫パネルディスカッション「西日本豪雨における各セクターが果たした役割と今後の課題について」
パネラー
岡山県倉敷市企画財政部企画経営室主幹 大橋俊文氏
全国社会福祉協議会地域福祉部長 高橋良太氏
トヨタ自動車㈱社会貢献推進部企業・車文化室 技範/担当部長 大洞和彦氏
ひろしまNPOセンター事務局長 松原裕樹氏
内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)佐谷説子氏
コーディネーター
JVOAD代表理事 栗田暢之

パネルディスカッションでは、災害ボランティアセンターの取り組みや今後の課題、また災害ボランティアセンターを運営面で支える企業の取り組み事例がお話しされました。今回の災害は広域にまたがり被害にあったため、内閣府・支援P・JVOADを事務局として各関係組織が東京都内で行った情報共有会議について、その取り組みと課題も話されました。


≫台風21号の現状報告「大阪北部地震からの影響も含めた支援状況について」
大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター 小林政夫氏
≫北海道胆振東部地震の現状報告
北海道社会福祉協議会地域福祉部長 小原規史氏

6月18日に発生した大阪北部地震で被害を受けた地域について、9月4日に来襲した台風21号によりさらに被害が拡大しました。30000棟ほどの住家被害が報告されており、現在も全容は把握されていないとの事です。住家被害への対応の報告と今後の課題が話されました。また、9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震についての現状と支援について報告されました。

ご報告いただきました皆様、又、報告会へご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

RSS