災害支援の文化を創造する

特定非営利活動法人
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク

最新情報

2019年7月

イベント
2019年7月31日

〈報告〉「第15回おおさか災害支援ネットワーク(プレゼン大会)」に参加しました

7月26日(金)、大阪府立大学で「第15回おおさか災害支援ネットワーク(プレゼン大会)が
開催され、JVOADも参加しました。

今回の開催趣旨は、参加団体の活動内容や特徴を知ることを目的とした「プレゼン大会」
を行い、そこから”顔の見える関係”を構築し、災害時に広域的かつ効果的な連携に
つなげることです。

まず初めに、おおさか災害支援ネットワーク(OSN)としての新しい体制について
平時と災害にわけて説明がありました。

その後、3つの会場に分かれて、プレゼン大会が開催されました。
実際に昨年の大阪北部地震や台風21号で支援活動を行った団体も多く、全18団体から
15分ずつのプレゼンが行われ、幅広い取り組みを知ることができました。

名刺交換会の時間もあり、参加者同士の”顔の見える関係”作りに向けた工夫が見られました。

イベント
2019年7月29日

〈報告〉2019年度会員向けJVOAD勉強会を開催しました

7月22日(月)、2019年度第1回目の会員向けJVOAD勉強会を開催しました。
今回のテーマは、「水害に備えて~民間と行政の新たな連携の動き~」です。
当日は、34名の方にご参加いただきました。

まず、JVOADから、ここ最近の行政や企業との連携事例、昨年度多発した自然災害を
受けて、現在進めている「先遣」の取り組みについてご説明させていただきました。

 

 

 

 

 

話題提供として、兵庫県立大学 減災復興政策研究科 准教授 阪本真由美氏からは、
「避難勧告等のガイドラインの判断基準とリスクマネージメント」をテーマに
お話しいただきました。

5月から運用が始まった新しい「大雨警戒レベル」の判断基準やリスク・マネジメント、
避難行動に関する考え方などを伺うことができました。

最後はグループで意見交換などを行いましたが、ちょうど大雨警戒レベル5、4が
出た直後だったこともあり、みなさんの関心の高さが伺えました。

お知らせ
2019年7月25日

〈報告〉岐阜県主催「災害ボランティア支援職員スキルアップ研修~情報共有会議編~」に参加しました

7月10日(水)、岐阜県主催で「災害ボランティア支援職員スキルアップ研修
~情報共有会議編~」が開催されました。

災害ボランティアにかかる岐阜県の取組みの説明後、JVOADからは情報共有会議に
ついてお話しさせていただきました。
また、パネルディスカッションでも、2017年の九州北部豪雨での取り組みについて
福岡県朝倉市職員、社会福祉協議会、NPOと一緒にお話しさせていただきました。

後半は、実際に情報共有会議の模擬演習を行い、それを受けて参加者で
意見交換を行いました。

 

 

 

 

 

岐阜県内の災害ボランティアに係る多様な方が参加されていました。

災害対応
2019年7月20日

長崎県での特別警報対応について 〔7/20 18:00現在〕

CATEGORY:

本日、午前中に長崎県五島・対馬地域に特別警報が出されたことから、
JVOAD職員が参集し、関係団体などとも連携しながら、情報収集を行ってきました。

16:10に特別警報は解除されましたが、引き続き雨が続くことから、
継続して状況を注視し、情報収集を行ってまいります。

現時点では、大きな被害情報等は入っておりませんが、今後、
JVOADとして対応する状況になりましたら、またご報告いたします。
〔7月20日(土)18:00現在〕

災害対応
2019年7月20日

長崎県への特別警報について 〔7/20 10:30現在〕

CATEGORY:

本日、長崎県五島・対馬地域に特別警報(レベル5)が出されました。

JVOADは、被害状況等について関係機関・団体と連携し情報収集中です。

[7月20日(土)10:30現在]