災害支援の文化を創造する

特定非営利活動法人
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク

最新情報

全ての記事

イベント
2019年1月30日

【ボランタリーフォーラムTOKYO2019 2/8(金)~10(日)】が開催されます

2019年2月8日(金)~10日(日)、飯田橋セントラルプラザ ほか にて、「市民社会をつくる ボランタリーフォーラムTOKYO2019 イロドリある未来へ~わたしから踏みだす一歩~」が開催されます。

詳しい内容や申し込みは、下記リンク(ボランタリーフォーラムWebサイト内)より、ご確認ください。
http://tvac.or.jp/special/vf2019

また、分科会11(2/9)にはJVOADも登壇いたします。ぜひご参加ください。

分科会11の詳しい内容は、下記リンク(ボランタリーフォーラムWebサイト内)より、ご確認ください。
http://tvac.or.jp/special/vf2019/prg_11

※以下、Webサイトより抜粋


分科会11

連続かつ広域な自然災害の時代に
~報道されない被災地のいま~

2018年は大きな自然災害が連続かつ広域に発生しました。各被災地に支援は集まるものの、マスメディアで取り上げられる頻度によって大きな偏りがありました。偏りのない被災地支援のために、被災地の状況を把握し、的確な情報を発信する以外にも何か方法はあるでしょうか。被災地の今を知り、これからの支援のあり方を考えます。

日時:2月9日(土)14:00~16:30

定員:30人

出演:小林 深吾さん(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター プログラムオフィサー)
明城 徹也(NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク 事務局長)

こんな方におすすめ!:災害支援団体の方、ボランティア・市民活動センターの方、災害ボランティア・災害支援に関心のある方など

イベント
2019年1月29日

【広域災害ボランティアをテーマにしたフォーラム、「かながわの広域災害ボランティアを考えよう!」 2/6(水)】が開催されます

2019年2月6日(水)、かながわ県民センター(横浜市)にて、「かながわの広域災害ボランティアを考えよう!」が開催されます。

詳しい内容は、下記リンク(神奈川県 Webサイト内)よりご確認ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/saigai/koikisaigai.html

案内チラシはこちら 「かながわの広域災害ボランティアを考えよう」_PDF

JVOADの代表理事である栗田暢之も登壇いたます。ぜひご参加ください。

※以下、案内チラシより抜粋


1.開催日時及び場所
日時:平成31年2月6日(水)13:30~16:30
会場:かながわ県民センター 2階ホール(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)

2.内容
(1)第一部
かながわ”平成30年7月豪雨”被災地支援プロジェクト現地活動報告

(2)第二部
神奈川のこれからの広域災害ボランティアを考える

講演:「広域的な災害ボランティアネットワークについて」
講師:栗田暢之(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)代表理事)

講演:「西日本豪雨における県域での情報共有について」
講師:松原裕樹氏(特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター 事務局長)

パネルディスカッション
「神奈川のこれからの広域災害ボランティアネットワークについて」

3.参加費:無料(要事前申込み)

4.申込方法
メールフォームまたはFAXによりお申込みください

※メールフォーム、申込用紙等の詳細は別添案内チラシを参照してください

問合せ先
かながわ県民活動サポートセンター
ボランタリー活動サポート課
TEL:045-312-1121 内線2840

お知らせ
2019年1月16日

職員募集のお知らせ

全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)では、
災害支援の文化を一緒に作り上げてくれる仲間を募集いたします。

■募集人員:広報担当1名
■選考方法:第一次選考:書類審査、第二次選考:面接
※第一次選考及び第二次選考の合否結果は、応募者宛に電子メールにて通知

■応募条件:
・当団体の理念に共感し、災害救援の分野に強い関心のある方
・Word, Excel等を問題なく使用可能であること
・ホームページ等の簡単なカスタマイズが出来れば尚可
・対人コミュニケーション能力の高い方
・社会人経験のある方が望ましい
・何事にもチャレンジ精神旺盛に取り組むことができる方
・性別・年齢不問
・英語が出来れば尚可

■応募方法:
以下の書類をEメール、又は郵送にて下の宛先へ送信ください。
・履歴書(連絡先、経歴、資格など)
・職務経歴書
・志望動機(A4・1枚程度)
※履歴書には写真添付のこと。資格等については結果、獲得点数までご記入ください。
・郵送の場合は、「履歴書在中」と表記。
・Eメールの場合は、件名を「スタッフ応募」としてください
※応募書類は返却いたしません。

■勤務場所
東京事務所

■勤務時間
勤務時間:10時~18時30分(途中休憩時間60分)

■勤務日
月曜日から金曜日まで

■待遇:
給料:250,000円~350,000円程度
(ただし経験、スキル等により、この限りではない場合があります)
社会保険:厚生年金、社会保険、雇用保険、労災保険加入。
休日:原則として土曜日、日曜日、祝祭日 
※休日に関しては、災害が起こった場合や、イベント等がある場合、この限りではありません。
その他、団体の就業規則に従う

■雇用期間:
採用日から2020年3月31日まで
※契約更新の可能性あり
※3ヶ月の試用期間あり

■業務内容:
広報担当 
・HPなどを通じた情報発信
・メディア対応
・団体パンフレットや年次報告書等広報物の企画・発行
・その他、関連する必要な業務

■問い合わせ先:
担当:小竹(しの) E-mail: koto-shino@jvoad.jp

■送り先
特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
〒100 -0004 東京都千代田区大手町 2-2-1新大手町ビル267-B

イベント
2019年1月10日

【平成30年度 防災安全講演会~災害ボランティアセミナー~ 1/19(土)】が開催されます

2019年1月19日(土)、津和野町立日原小学校(島根県)にて、「平成30年度 防災安全講演会~災害ボランティアセミナー~」が開催されます。

詳しい内容は、下記リンク(島根県 Webサイト内)よりご確認ください。
https://www1.pref.shimane.lg.jp/bousai_info/bousai/bousai/bosai_kenshu/bousaitsuwano.html

案内チラシはこちら 島根県防災安全講演会_PDF

JVOADの顧問である室﨑益輝氏も登壇されます。ぜひご参加ください。

※以下、案内チラシより抜粋


1.開催日時及び場所
日時:平成31年1月19日(土)13:30~16:00(開場13:00)
会場:津和野町立日原小学校体育館(島根県鹿足郡津和野町日原235番地)

2.講演内容
(1)講演1
演題:「災害の時代におけるボランティアの役割」
講師:室崎益輝氏(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長・教授、神戸大学名誉教授)
(2)講演2
演題:「自助・共助でつくる災害に強いまちづくり」
講師:明城徹也(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)事務局長)

3.主催:島根県、一般財団法人地域社会ライフプラン協会

4.後援:津和野町、社会福祉法人島根県社会福祉協議会、社会福祉法人津和野町社会福祉協議会

5.参加費:無料(要事前申込み)

6.定員:120名

7.申込締切:平成31年1月11日(金)

8.申込方法
電話、メールまたはFAXによりお申込みください
※申込用紙等の詳細は別添案内チラシを参照してください
島根県防災部防災危機管理課
TEL:0852-22-6543
FAX:0852-22-5930
メール: bosai-kikikanri@pref.shimane.lg.jp

イベント
2019年1月7日

【第23回「震災対策技術展」横浜 2/7(木).8(金)】

2019年2月7日(木)~8日(金)に開催される【第23回「震災対策技術展」横浜】において、セミナーの一つである「被災者支援における”調整”のあり方と行政・災害VC・NPO等の”3者連携”について」にJVOADが登壇します。

登壇の詳しい内容は、下記リンク(震災対策技術展 Webサイト内)よりご確認ください。
https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/semi-info/3j1/

震災対策技術展についての申し込みや詳細は、下記リンク(震災対策技術展 ホームページ)をご確認ください。
https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/?fbclid=IwAR2EbTlDRbZDm_-VZSsMqTdyZI7guXYuMDVAR3WrV9rvm2BNPX5ZWycDwU

また、出展ブースでは、JVOADの技術系専門委員会として2日間出展しております。ぜひお立ち寄りください。


日時:2019年2月8日(金) 11:00~11:45

会場:J会場(206会議室)

登壇者:JVOAD 明城徹也

内容:2018年6月以降、大阪北部地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震などの大規模な災害が続きました。全国災害ボランティア活動支援団体ネットワーク(JVOAD)は、発災直後から現地に職員を派遣し状況を把握すると共に、支援関係者が集まる「情報共有」の場を作り、支援の調整に努めてきた。これらの災害対応の経験を踏まえ、被災者支援活動における行政、災害ボランティアセンター、NPO等の「3者連携」と支援の「調整」についてお話します。