最新情報

全ての記事

災害対応
2022年11月14日

【令和4年台風15号】静岡県における災害対応状況について(11/14)

9月23日に発生した台風15号の影響により、静岡県では猛烈な雨が降り続き、多くの家屋に浸水被害をもたらしました。発災から1か月を過ぎましたが、いまだ、厳しい環境の中で生活している住民の方もいらっしゃいます。

JVOADは、静岡県災害ボランティア本部・情報センター(県V本部)と連携し、発災直後より現地の状況把握に努めました。被害が大きかったこと、また、県V本部からの応援要請を受け、9月27日より職員2名を派遣し、現在も1名の派遣を継続しています。

【概況】
■ 被害状況
•人的被害 死者3名、軽傷者6名
•住家被害 全壊8、半壊2,219、一部損壊3,312、床上浸水5,643、床下浸水4,348
※住家は、「全壊、半壊、一部損壊」と「床上浸水、床下浸水」に重複計上がある
•避難所 最大18市町381箇所開設され、165世帯の住民の方が避難されていましたが、9月27日の段階ですべて閉鎖。現在、応急的な住宅支援として、公営住宅等において一時受け入れを実施している。
* 詳細は、静岡県「台風第15号による被害状況について第37報(11/7 10:00)」をご覧ください。
•災害救助法の適用:静岡県23市町への適用を決定
■ 災害ボランティアセンターの設置状況
現在、静岡市において災害ボランティアセンターでのボランティア受け入れが行われている。
*市町社協の支援の状況について、詳細は全社協 被災地支援・災害ボランティア情報をご覧ください。

【 支援団体の活動とコーディネーション 】
県V本部は、行政や、支援団体と連携しながら、静岡県内における被害状況の把握や支援調整を行っています。台風15号の被災者支援において、今回JVOADは、県V本部の「支援団体連携促進班」へスタッフを派遣しており、これまで、断水の際の水の調達および、高齢者等への配達支援へのつなぎや、県や市との協議などのサポートを行ってまいりました。現在も現地にて、県や市と在宅の被災者への対応ついて協議する際のサポートなどを行っています。

●家電支援の開始
これから迎える冬の寒さに向けて、県V本部では、浸水被害にあった家屋に住み続けている方のために、電気ストーブの配布が検討されています。この支援は、JVOADを通じたカリタス・ジャパンからの寄付金と、現地での募金により実施されます。今後、地元の電機商業組合を通じて1,000個ほどの電気ストーブが支援を必要としている方々に届けられる予定です。

【専門性を持った団体による支援】
県V本部は、支援を検討している企業・団体に対し、災害ボランティアセンターなどを通じて、住民の方からの困りごとと結びつけるため、団体登録を受け付けています。現在90以上の組織が登録されました。登録団体の状況や仕組みは、こちらからご確認いただけます。

●技術系講習会の開催
技術系支援団体によって、地元ボランティアの方や住民の方を対象に、浸水した畳、フローリングの床の対応方法などの講習会が、定期的に開催されています。JVOADスタッフも、11月3日に災害ボランティアセンター@西ヶ谷サテライトで開催された講習会に参加させていただきました。

●「災害後の生活再建を考える無料ミニ相談会」の開催(草ケ谷自治会館)
11月3日、自治会館において、弁護士などによる相談会が開催されました。住民の方からは、住宅の基礎部分も流されているがどうしたらいいか、など、質問も多く寄せられました。個別相談も実施し、相談会は夜遅くまで続きました。このミニ相談会は、11月22日、25日にも、他の自治体で開催予定です。今後、自治体の協力も得ながら、定期的な困りごとを相談する場の提供が必要とされており、支援関係者間で協議されています。

【JVOADの今後の活動】
ある住宅のご家族は、水被害にあった畳を出し、床板の上で、段ボールベットを置いて暮らしています。給湯器もしばらく使えず、最近になってようやく使えるようになったそうです。このような住宅にお住まいの方が、まだ、数多くいらっしゃり、冬の寒さに向けた対策が急がれます。
JVOADは、被災された方がたに対し、地域でささえる体制の目途が立つまで、引き続き、支援を継続してまいります。

お知らせ
2022年11月1日

JVOADは法人設立から6周年を迎えました

JVOADは、法人設立から6周年を迎えました。
日ごろからJVOADを支え、応援してくださるみなさまに、心より御礼申し上げます。

今年も福島県沖の地震や、8月の大雨による被害、台風15号による水害など、たくさんの方々のくらしを脅かす災害が起きました。
JVOADも災害が起きるたびに、現地支援関係者の方々とともに支援にあたっており、現在も静岡県内において、支援活動を継続しています。
いま起きている災害に対処しながら、同時に日本の大きな支援のしくみをつくることは簡単ではありませんが、皆様とともに、普段からのそなえとつながりにより、災害被害を最小限に抑え、必要な人に必要な支援が届く社会を目指し、これからもスタッフ一同、尽力してまいります。

今後とも暖かいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ
2022年10月21日

【お知らせ】防災アクションガイド「火山噴火への備え」が発行されました

JVOADも協力し、一般社団法人FUKKO DESIGNが作成した「コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド」。「コロナ禍でもすぐできる!火山噴火への備え」が発行されました。

防災アクションガイド「火山噴火への備え」

日本には多くの活火山があります。
火山噴火や降灰の予報、発生時の影響や対応の方法、備えに関する情報をまとめています。

JVOADのウェブサイト内のノウハウ集からは、これまでのアクションガイドもご覧いただけ、ダウンロードも可能です。
ぜひご利用ください、またお知り合いへの共有もお願いいたします。

災害対応
2022年10月11日

【令和4年台風15号】静岡県 「スマートサプライ」を活用した支援の開始

台風15号の被害を受けた静岡県では、静岡県災害ボランティア本部・情報センター(静岡県V本部)により、この間、県外からの支援の受け入れなど、調整が行われています。
現地では、新型コロナウイルス感染症の影響により、ボランティア活動も制限を受ける中、各地で支援を行う方々に向けて、必要な物資を必要な数だけお届けする「スマートサプライ」を活用した支援が開始されました。

「スマートサプライ」は、各プロジェクトより、現地にて必要な物資等を、アマゾンから購入して応援できるしくみです。詳細は、以下「つなぐ静岡バトン」からご確認ください。

つなぐ静岡バトン」プロジェクト

9月23日(金)、台風第15号がもたらした大雨。
静岡県内では線状降水帯が発生し、11の市町で1時間に110ミリを超える猛烈な雨が降りました。
この大雨により、静岡市や浜松市など、中部・西部地域を中心に広範囲で床上・床下浸水の被害が出ています。
また、大規模な停電や断水が発生し、生活に大きな影響をもたらしています。

わたしたち、静岡県災害ボランティア本部・情報センター、公益財団法人ふじのくに未来財団、地域デザインカレッジ修了生情報共有会議は、災害ボランティアセンターや被災された方々を全国のみなさまとともに支援するため、本プロジェクトを立ち上げました。
新型コロナウイルス感染症の影響により、ボランティア活動も制限を受ける中、各地で支援を行う方々に必要な物資を必要な数だけ届け、支援活動を継続的に行えるようにするため、ご支援をお願いいたします。
ご支援はこちら → https://smart-supply.org/projects/shizuoka-baton

<お問合せ>
静岡県災害ボランティア本部・情報センター
電話 ①054-205-5151 ②054-205-5141

そのほか、引き続き静岡県V本部では、ご支援を検討されている企業・団体の皆さまに対し、登録フォームをご用意し、ニーズとの調整を行っております。
詳細はこちらからご確認いただけます。
※支援・団体受け入れの基本フローが開示されました。

JVOADは引き続き、静岡県V本部をサポートし、被災された方がたとその支援にあたる支援者の皆様のサポートを継続してまいります。

お知らせ
2022年10月6日

【注意喚起】詐欺被害に関する熊本県高森警察署からの注意喚起について

熊本県高森警察署より、「全国災害ボランティア支援ネットワーク」を騙る詐欺被害の注意喚起が、10月5日「ゆっぴー安心メール」を通じて配信されました。

9月28日、高森警察署管内にお住まいの方の携帯電話に、全国災害ボランティア支援ネットワークを騙る人物から「6億円が貰える権利があります。」旨のメッセージが届き、メッセージに記載されたURLをクリックしたところ、手数料などの名目で電子マネーカードをコンビニエンスストアで購入するように誘導され、数万円の詐欺被害に遭うという事案が発生しています。
被害に遭わないためにも、
〇お金がもらえるという甘い話を信じない
〇個人情報は教えない
〇メッセージに返信したり、記載してあるURLにアクセスしない
〇一人で判断せずに家族や警察に相談する
などの対策をお願いします。
高森警察署

JVOADは、公式ホームページ( https://jvoad.jp/support/ )上に掲載している口座以外をご案内して、寄付金等の振込をお願いすることはございません。また、当団体から、個人の方へ直接お金をお振込みするようなことは一切ございません。

身元が不確実な人物や団体などから、JVOADとの関係を匂わせる形で金銭や個人情報等を要求された場合、最寄りの警察署にご相談することをお勧めいたします。

皆様、十分にご注意いただけますようにお願いします。

お知らせ
2022年10月6日

【ご案内】ぼうさいこくたい2022 開催のお知らせ

10月22日、23日に「ぼうさいこくたい2022」が開催されます。
https://bosai-kokutai.jp/2022/
今年は、兵庫県神戸市のHAT神戸と中心とするエリアで、オンライン併用のハイブリット形式で開催となります。

JVOADも23日(日)にセッションにて参加します。
現地会場にお越しいただく、もしくはライブ配信での視聴も可能です。

テーマ:「被災生活支援と「もれ・むら」のないコーディネーション

日本のどこで災害が起きても支援の「もれ・むら」 をなくし、必要な支援を効果的に届けるため、現在、多様な主体間における連携・協働による避難生活支援の仕組みの構築が進められている。さらに、このシンポジウムにより、我々が目指すべき「被災者支援コーディネーション」とは何かを明らかにすることで、災害中間支援組織によるコーディネーションや都道府県域NW構築など具体的な取り組みを進める。

♢日時:10月23日(日)10:30-12:00
♢場所:人と防災未来センター西館1Fガイダンスルーム
♢登壇者:
辛嶋友香里氏 ピースボート災害支援センター 現地コーディネーター
今井遊子氏   全国社会福祉協議会 政策企画副部長、災害福祉支援活動推進室長
村上威夫氏  内閣府政策統括官(防災担当)付 参事官(普及啓発・連携担当)
岸田育也氏  兵庫県社会福祉協議会 ひょうごボランタリープラザ 交流支援部長
栗田暢之氏  JVOAD代表理事
明城徹也氏  JVOAD事務局長
♢参加費:無料

皆様、会場で、またオンラインでお会いできますこと、楽しみにしています。

*JVOADは「防災推進国民会議」のメンバーです。

災害対応
2022年10月1日

【令和4年台風15号】静岡県における被災への支援対応状況について(10/1)

令和4年台風15号により、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

JVOADは、台風発生直後より支援関係者とともに情報収集を始め、被災された静岡県に対し、9月27日より支援活動を開始いたしました。

【概況】
■被害状況
死者2名、行方不明者1名、軽症者6名が報告されています。また、5,000棟を超える家屋被害が確認されています。
静岡県では一時、6300戸で断水が発生しました。9月29日の時点で約半数が解消しておりますが、すべて解消されるまで、あと数日かかる見込みです。
今回の災害を受けて、静岡県は23市町に災害救助法の適用を決定しました。
参照:
・静岡県 台風第15号による被害状況について【第22報】10月1日13時00分現在
・内閣府:災害救助法適用状況

■災害ボランティアセンターの状況
静岡市、磐田市において災害ボランティアセンターが設置され、個人ボランティアの受け入れが開始されております。設置状況、また募集要件はこちらをご覧ください。

【支援団体の活動とコーディネーション】
現地では、静岡県社協と静岡県ボランティア協会が中心となり、「静岡県ボランティア本部・情報センター(県V本部)」が発災直後より設置されました。JVOADは県V本部からの依頼により、9月27日にスタッフ2名を県V本部へ派遣し、現在も県V本部体制づくりのサポートや技術的な支援団体の受け入れ等の調整などを行っています。

県V本部はこの間、静岡市と協力し、市で対応しきれない福祉施設等への飲料水の配布を行いました。また、断水地域では、水が運べない人、給水ポイントの情報を知らない人がおり、日中の暑さの中、災害関連死が懸念されています。このような方々のために、水の配布を行っている団体へ、県V本部としてサポートすることで、在宅の方への支援を進めています。
関連記事「9月28日静岡新聞

そのほか、支援を検討されている組織向けの情報は以下の通りです。
●「静岡県台風15号災害における団体支援活動登録フォーム
静岡県V本部では、10月1日より、支援を検討している企業・団体を対象とした、登録フォームを開設しました。ご支援をご検討されている企業・団体は、以下より内容等ご確認いただいた上で、ご登録が可能です。お申し出いただいた内容について、県内各市町で設置されている災害ボランティアセンターおよびボランティアセンターに情報提供し、県V本部、もしくは各市町ボランティアセンターが支援をお願いしたい場合には、直接連絡をさせていただく仕組みとなります。
●高速道路無料化措置
目的地の静岡市から浜松市まで間、最寄りの被災地のインターで降りても使えるようになりました。詳細はこちら

JVOADは引き続き、現地の支援関係者と県外の支援をつなぎ、サポートすることで、すこしでも早く被災された方がたへ支援が届くよう、活動してまいります。

 

【ご支援のお願い】
このたびの台風15号による被害へのJVOADの支援活動に対し、皆様からのご支援をお願いしております。
ご支援はこちらをご覧ください。

皆さまからのご支援金は、支援調整のための専門スタッフ派遣のための人件費、旅費交通費(宿泊費、ガソリン代、日当など)などに活用させていただきます。また、必要に応じて、コロナ禍における、感染症対策のための備品、消耗品の購入、および、被災地の地元団体と外部支援者をつなぐためのITツール、資機材の購入などにも活用させていただきます。
皆様からの暖かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

研修・訓練
2022年9月26日

【ご案内】10/24 第3回「これからの災害支援を考える北海道フォーラム」開催のご案内

JVOADは、休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」を活用し、現在、「北の国災害サポートチーム」の活動を支援しています。
この度、本事業の一環として「第3回 これからの災害支援を考える北海道フォーラム ~地域特性を踏まえた災害支援の構築をめざして~」が開催されます。

第3回目となる今回は、平成30年北海道胆振東部地震の支援に際し助成活動を行ってきた、認定NPO法人北海道NPOファンドと共催し、災害時における被災者・被災地支援活動における活動支援金の活用を考えるほか、地域特性を踏まえた災害支援の構築状況について、3年間の成果を確認し合い、災害時の円滑な支援に繋がる体制とあり方を皆様とともに考えます。オンラインでの参加も可能ですので、皆様ぜひご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第3回 これからの災害支援を考える北海道フォーラム
~地域特性を踏まえた災害支援の構築をめざして~

♢開催日:2022年10月24日(月) 10:30-16:30
♢開催方法:来場(各会場定員あり)または、オンライン(定員100名)
♢参加対象:企業、企業組合、労働組合に所属する方/NPO、協働組合、ボランティア団体に所属する方/行政、社会福祉協議会職員/災害時の支援活動に関心のある方
♢参加費:無料
♢申込:申し込みフォームはこちら
※申込締切:2022年10月17日(月)17時まで

詳細はこちらをクリック↓

本フォーラムは、休眠預金を活用した
「広域・分散型支援ネットワーク構築事業
~広域災害に対応する全国モデルへの展開~」
事業の一環として実施します。
研修・訓練
2022年9月15日

【報告】長野県地震総合防災訓練(図上訓練)参加のご報告_9月

9月1日は防災の日。各地域では、それぞれ防災週間の時期に合わせて、避難訓練や研修などが実施されていることと思います。JVOADも、様々な訓練、研修に参加させていただく機会が多い時期となります。

今年は9月1日に、「長野県地震総合防災訓練(図上訓練)」へ、JVOADスタッフ2名が参加させていただきました。
長野県は、地域防災計画や災害対策本部規定に、JVOADとの連携を明記いただいており、2015年のJVOAD準備会の時より、訓練には毎年参加させていただいております。

今回の図上訓練は、南海トラフ地震の発生から3時間後を想定(県南部に多大な被害が発生)した内容により、2部構成で実施されました。第1部では、県災害対策本部の設置・運営、県幹部による災害対応方針の決定、災害対策本部員会議の開催、知事模擬記者会見など、一連の訓練に参加しました。第2部では、県災害対策本部災害ボランティア班として、県域の災害中間支援組織である長野県災害時支援ネットワーク(N-NET)と共に、県(危機管理防災課、県民協働課、地域福祉課)、長野県社会福祉協議会、県南部の市町村・社会福祉協議会により、被災者支援委ついて協議しました。JVOADからは、災害関連死を防ぎ、支援の「もれ・むら」を無くすためには、支援者間の調整が重要であり、そのためには「被災者支援コーディネーション」が必要になるとの説明を行い、参加者の理解を深めました。

訓練の後、「まちの縁側 ぬくぬく亭」を訪問させていただきました。

「ぬくぬく亭」は、令和元年東日本台風(台風19号)災害により、大きな被害を受けた長野市豊野地区で、地域の憩いの場として2019年12月12日にオープンしました。これまでに、炊き出し(ぬくぬく食堂)や被災者宅の家財搬出・用水路の泥出しなどのボランティア作業、食材の提供支援や地区被災者の訪問活動など、地域と一体となった幅広い活動が続けられています。「ぬくぬく亭」スタッフや長野市社会福祉協議会豊野地区コーディネーターの方から、被災当時の様子や現在の活動状況等についてお話を伺い、被災された方の生活再建には、地域コミュニティによる支えあいや、外部からの継続的な支援が重要であるなど、経験に基づいた貴重なお話をお聞きしました。
お聞きした内容は、被災者を支える仕組みづくりなど、わたしたちの今後の検討に活かしてまいります。

CATEGORIES

ARCHIVES