最新情報-TOP|全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

最新情報

全ての記事

災害対応
2020年7月6日

長崎県・佐賀県・福岡県での特別警報対応について〔7/6 17:00現在〕

本日、長崎県・佐賀県・福岡県に特別警報(レベル5)が出されたことから、
関係団体などとも連携しながら、すでに大きな被害が出ている熊本県を含めて
情報収集を行っています。

現地では、まだ雨が降り続いています。
新型コロナウイルスの感染が懸念される状況も続いていることから、引き続き、
「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の
災害対応ガイドライン」に基づいて、被災地域と状況を確認しながら、
今後の対応など進めてまいります。

〔7月6日(月)18:00現在〕

災害対応
2020年7月6日

【状況報告】熊本県での大雨被害への対応について〔7/5 21:00現在〕

JVOADは本日、くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)、および支援関係者との情報共有を行いました。
熊本県内の避難者数は変化しており、今後の雨の状況によって、避難者はさらに増える可能性があります。

KVOADは、八代市、芦北町、津奈木町および人吉市を回り、現地の被害状況、避難所の状況等を確認されました。
球磨村、八代市(旧坂本村)、芦北沿岸部など、通行止めの箇所も多く、全容はまだ見えておりません。
孤立している状況が続いており、自衛隊による物資、人の搬送が進められております。
人吉市はほぼ全域が浸水しており、まだ水が引いていない地域もあります。
また、人吉市、芦北地域においては、電波状況が悪く、携帯等がつながりにくい状況が続いております。

県社協、KVOADとの協議の中では、まずは緊急車両の通行や人命救助が優先であること、新型コロナウィルス感染への不安もあることから、県外からの支援は引き続き控えてもらうよう、要望がありました。
避難所運営においては、県職員を40名配置するなどの対策が取られているそうです。
また、家財出しや家屋の清掃など、地域の対応では難しい部分を、災害ボランティアセンターで県内ボランティアを募り、対応する方向で検討されております。

JVOADとしては、「避難生活お役立ちサポートブック」の活用や、県外支援組織からのリモートでの知見の共有等、遠隔での後方支援準備を進めています。
また、KVOADからの要請により、事業部リーダーを1名派遣し、本日よりKVOADのサポートとして活動を行います。

明日の状況を確認し、新しい情報が入り次第、報告いたします。

(7月5日21:00現在)

お知らせ
2020年7月5日

【新型コロナ対策】研修プログラム(第1部)の公開

「災害対応にかかわるボランティア・NPO等の支援者向け感染症対策・予防に関する研修プログラム」第1部を説明した動画を公開しました。

ボランティア・NPO等、災害対応に関わる支援者の皆様に、新型コロナウイルスについて正しい知識を得ていただくことを目的とした研修プログラムです。

第1部は、「新型コロナウイルス感染症とは?」です。災害支援に関係する方は必ずご確認いただき、記録フォームとあわせてご活用ください。

第2部、第3部を作成中ですので、完成次第公開いたします。

JVOADのWebサイト『ガイドライン』掲載しております。

災害対応
2020年7月4日

支援を検討されている皆様へ~熊本県での大雨被害への対応について~

本日、鹿児島県・熊本県に大雨特別警報が出され、球磨川の氾濫等により
熊本県で大きな被害が出ていますが、新型コロナウイルスの感染が懸念される
状況も続いております。

JVOADでは、「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況における
ボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」を発行しておりますが、
外部からの支援については慎重に行う必要があります。

KVOAD(くまもと災害ボランティア団体ネットワーク)や全国社会福祉協議会からも
外部からの支援について案内が出されています。

KVOADからの案内
全国社会福祉協議会からの案内

現地からの発信、要請等があるまでは、支援活動のために被災地域に行くことは
控えていただければ、と思います。

災害対応
2020年7月4日

【状況報告】熊本県での大雨被害への対応について〔7/4 21:30現在〕

大雨により甚大な被害が出ている熊本県の状況について、現在、KVOAD
(くまもと災害ボランティア団体ネットワーク)と連絡を取り合いながら、
情報収集を行っております。

本日、KVOADを含め全国社会福祉協議会、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議
(支援P)ならびに全国域で支援にあたる支援団体と状況の確認をオンラインで行いました。

河川の氾濫、土砂災害等での通行止めにより、被災地域からの情報が入ってこないため
状況の確認が難しい状況です。
そのため、外部支援の必要性についても確認が難しく、状況確認までもうしばらく
時間がかかる見込みです。

また、新型コロナウイルスの感染が懸念される状況も続いていることから、
JVOADとしては、「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況における
ボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」に基づき、慎重に対応して
行きたいと思います。

明日以降、KVOADも先遣を派遣し、被災地域の状況確認を行う予定のため、
引き続き連携しながら、こちらのホームページでも随時情報を更新してまいります。

(7月4日21:30現在) 

災害対応
2020年7月4日

【情報】熊本県の自治体情報

熊本県・鹿児島県で大雨による被害が出ています。

情報支援レスキュー隊IT DARTの協力を得て、球磨川の氾濫により
被害の大きな熊本県の自治体基礎情報を作成しました。
下記情報が地図上で確認できます。

全:全人口
高:高齢者数
率:高齢化率
外:外国人数

熊本県自治体基礎情報

災害対応
2020年7月4日

熊本県・鹿児島県での特別警報対応について 〔7/4 8:30現在〕

本日、熊本県・鹿児島県に特別警報(レベル5)が出されたことから、
関係団体などとも連携しながら、情報収集を行っています。

先日発行した「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況における
ボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」に基づいて、今後の対応など
進めてまいります。

〔7月4日(土)8:30現在〕

お知らせ
2020年6月30日

「コロナ禍でもすぐできる!大雨&台風への備え2020年版」が公開されました

FUKKO DESIGNより、「コロナ禍でもすぐできる!大雨&台風への備え2020年版」が公開されました。

この資料は、今年の大雨や台風シーズンに備えて、コロナ禍で災害が起きた時どのようにすればよいかをわかりやすく画像にまとめてある資料です。JVOADも作成に携わっております。

コロナ禍でもすぐできる!大雨&台風への備え2020年版

資料を解説した記事は、以下のURL(FUKKO DESIGNのnote)よりご確認ください。
https://note.com/fukko_design/n/neb5b6ca42c97
https://note.com/fukko_design/n/n26800ff3c863
https://note.com/fukko_design/n/nf79cee7ba2f2

是非、周知にご協力ください。

※下記画像は、内容の一部となります。

お知らせ
2020年5月28日

全国フォーラム中止にあたってのみなさまへのメッセージ

すでにご案内の通り、2020年6月3日(水)・4日(木)に開催を予定していた
「第5回 災害時の連携を考える全国フォーラム」は新型コロナウイルス感染症
拡大防止のため、中止とさせていただきました。

全国フォーラム実行委員会では昨年11月より企画検討を始め、分科会企画についても
多くの方に準備をいただいておりました。

今回の中止は非常に残念ですが、全国フォーラムでお伝えしたかったこと、
みなさまと意見を交わしたかったこと等、主催、共催からの挨拶ならびに
分科会企画者からのメッセージをまとめておりますので、ぜひご覧ください。

主催挨拶:JVOAD代表理事 栗田 暢之

共催挨拶:内閣府 特命担当大臣(防災)武田 良太氏

主催・共催ならびに分科会企画者からのメッセージ
2020年度全国フォーラム中止に伴うメッセージ

次回の開催日程等決まりましたら、またホームページでご案内させていただきます。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

お知らせ
2020年5月28日

新型コロナウイルス感染拡大にともなう対応について【5月28日更新】

5月25日に緊急事態宣言が解除されたことを受けて、
今後の事務局体制について検討を行いました。

当初、5月31日までを在宅勤務とさせていただいておりましたが、
状況を確認しながら当面在宅勤務を継続させていただきます。

状況を見ながら、段階的に事務所での業務などの体制を見直してまいります。

事務所は閉じておりますが、電話、メール等でのご連絡は通常通り承ります。

また、外部会議等については、基本的にオンラインにて参加いたします。

JVOADは、引き続き、今後の状況に応じて、必要な対応を実施してまいります。
関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

CATEGORIES

ARCHIVES