最新情報-TOP|全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

最新情報

全ての記事

お知らせ
2020年10月5日

〈報告〉「ぼうさいこくたい2020」 無事に終了しました

10月3日、「ぼうさいこくたい2020」が無事に終了しました。

JVOADは、「コロナ禍での多様な被災者支援主体による連携(三者連携)
~支援を届けるx感染リスクを高めない~」をテーマにセッションを行いました。

セッションは2部制で、第1部ではコロナ禍での初めての大規模災害となった
「令和2年7月豪雨」の状況、支援事例等について、第2部では県域ネットワークの
取組みを北海道、岩手県、岡山県から報告いただきました。
限られた時間ではありましたが、各地の状況やコロナ禍での課題などを
ご覧いただいたみなさまにご理解いただければ幸いです。

当日はライブ配信ということで、東京会場と各遠隔の地域をオンラインで
結びながらのセッションのため、始まる前はかなり緊張していましたが、
トラブルもなく無事に終えて関係者一同ホッとしたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションについては、今後随時アーカイブ配信されるそうなので、
当日見逃してしまったセッションなども、お時間のある時にぜひご覧ください。
また、当日の資料などもダウンロード可能です。
オンラインぼうさいこくたい2020(アーカイブ)

お知らせ
2020年9月29日

ぼうさいこくたい2020 出展&登壇のご案内

10/3(土)、ぼうさいこくたい2020が開催されます。
当初は、広島県にて2日にわたっての開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
オンライン上でのイベントとして開催されることとなりました。

JVOADもセッションを予定しています。
また、関係団体のセッションにも登壇させていただきますので、ぜひご参加ください。
セッション以外にもワークショップやプレゼンなどの様々な催し物が開催されていますので、
そちらもあわせてご確認ください。

オンラインぼうさいこくたい2020特設サイト

【JVOADセッション】
◇テーマ:「コロナ禍での多様な被災者支援主体による連携(三者連携)
~支援を届けるx感染リスクを高めない~」
◇開催日時:10月3日(土)16:00~17:30
◇内容:コロナ禍での初めての災害となった令和2年7月豪雨について
「必要な支援を届けること」と「感染リスクを高めないこと」をどうやって両立するのか。
また、全国の三者連携の取組みを紹介し、いざという時に機能する連携のあり方を考えます。

セッションチラシ、登壇者情報は、下記よりご確認ください。
【チラシ】ぼうさいこくたい2020_JVOAD
【登壇者プロフィール】

【JVOAD登壇情報】
広島県災害復興支援士業連絡会のセッションにJVOADからも登壇します。
◇テーマ:「「ひとり」を「独り」にしない復興支援のカタチ
◇開催日時:10月3日(土)13:30~15:00

登壇者情報は、下記よりご確認ください。
【チラシ】「ひとり」を「独り」にしない復興支援のカタチ

【会員団体セッション/ワークショップ】
JVOAD会員団体であり、「JVOAD【食・栄養】官民学連携プロジェクト(たべぷろ)」としても
協力頂いている味の素ファンデーションのセッション
◇テーマ:「「いざという時どうなる?あなたの食と栄養」 vol.3〜フェーズフリーな食を考えよう〜
◇開催日時:10月3日(土)13:30~15:00

JVOAD会員団体である日本赤十字社によるワークショップ
◇テーマ:「災害への備え」特別版
~感染症から身を守るために避難生活で気を付けること~
◇開催日時:10月3日(土)11:00~12:30 / 13:30~15:00 *要事前予約

【視聴方法】
当日は、各セッションのページに[中継を見る]が表示されます。
お時間になりましたらご参加ください。
※各セッションは、参加費無料、事前登録不要です。

災害対応
2020年9月9日

台風10号の対応について〔9/9 13:00現在〕

非常に強い勢力を維持しながら沖縄、九州地方を中心に接近した台風10号について、
JVOADでは、4日より、台風に向けた準備を開始し、各県域の関係組織と連携しながら
情報収集を行ってまいりました。

一部、家屋の損壊等ありましたが、多くの支援団体による活動が必要となるような
大きな被害は見受けられませんでした。
長崎県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県等の支援関係者を中心に、JVOADスタッフが
ヒアリングを行い、状況を確認しております。

今回被害が少なかった背景には、予想より台風の勢力が落ちた事も起因しますが、
7月の大雨による被害を経験した後の気象庁からの呼びかけ、行政からの避難の
呼びかけ、住民の方がたの事前の備え(避難所への積極的な移動や、高台への
車両の移動など)が、功を奏したと感じています。
今後も、それぞれが最大限の準備を行うことが重要であると再認識いたしました。

 一方、鹿児島県、長崎県では、依然として2640戸ほどの停電が続いております
(9月9日10時現在)。
残暑が続く中、停電が長期化すると、熱中症など、体調を崩される方が出る事が
心配されます。
また、瓦屋根に関しては、時間が経ってからひびやズレが生じている部分などから
雨漏りする可能性もあるため、今後も注意が必要です。

災害対応
2020年9月7日

台風10号の対応について〔9/7 10:00現在〕

九州地方を中心とした台風10号の被害状況について、関係団体などとも連携しながら、情報収集を行っています。

JVOADで発行した「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」に基づいて、今後の対応など進めてまいります。

〔9月7日(土)10:00現在〕

お知らせ
2020年9月4日

防災功労者 内閣総理大臣表彰をいただきました

令和2年 防災功労者 内閣総理大臣表彰をいただきました。
これは、日ごろから防災思想の普及又は防災体制の整備に尽力し、あるいは、災害時における
防災活動に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰されるもので、今年度、
JVOADもいただくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大規模災害時に、行政、社協、NPO等ボランティア団体や企業との支援調整の実施、
平時の災害支援関係者のネットワークづくり、支援団体の能力強化、民間と行政の
支援活動の調整・協働への活動が認められたものです。

引き続き、多くのみなさまと協力しながら、災害時によりよい支援を届けられるように
尽力してまいります。

CATEGORIES

ARCHIVES