最新情報

お知らせ

お知らせ
2021年6月16日

【お知らせ】「コロナ禍でもすぐにできる!生活と住まいの再建」が発表されました

JVOADも協力し、一般社団法人FUKKO DESIGNが作成した、「コロナ禍でもすぐにできる!災害対策集」の第六弾が完成しました。今回は「コロナ禍でもすぐにできる!生活と住まいの再建」です。
今回は、自然災害ごとの全般的な備えではなく、災害に見舞われた後の具体的な再建方法に特化した対策集、特に現在、雨が降りやすく河川が増水しやすい出水期に入っていることから、風水害が発生した際の生活の再建の備えがテーマです。
「水害にあったら まず行うこと」と「水害にあったら お金や住まいの支援」の2つに分けています。


↑「水害にあったら まず行うこと」


↑「水害にあったら お金や住まいの支援」

 

また、これまで「コロナ禍でもすぐできる!災害対策集」という名称でシリーズ展開してきましたが、多くの人たちに具体的なアクションを行ってもらいたいと考え、「コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド」に変更されました。今回のシリーズ最新版とともに、新名称を付け、最新情報に更新したこれまでのシリーズも、ノウハウ集にまとめて保存しました。
「いざ!」という時、活用していただければと思います。

お知らせ
2021年6月10日

【お知らせ】冊子「災害時の子育て」をノウハウ集に追加、公開しました

平成30年7月豪雨災害の検証と記録作りの中で、子育て世代の課題が沢山出てきたことで、「災害と子育て研究会」が、実体験をまとめ防災冊子「災害時の子育て」を作成しました。JVOADの当ウェブサイト内の、ノウハウ集-「災害の支援事例」に追加、公開しました。子育て世代の災害時のヒントとして、是非、ご活用ください。

お知らせ
2021年5月26日

【第5回災害時の連携を考える全国フォーラム】開催中 ご参加者の皆さまへ

本日は「第5回災害時の連携を考える全国フォーラム」へご参加いただき、ありがとうございます。皆さまと充実した時間を過ごせることを楽しみにしています。

【IVENTHUBへの参加方法】

https://client.eventhub.jp/login/-6Xil_jyT

上記URLよりご登録いただきましたIDとパスワードにてアクセスください。

ご不明な点は、全国フォーラムFAQ(Ver.20210512)をご覧ください。

FAQで解決しないご相談内容について、相談窓口を設置しております。
ご利用ください。

【相談窓口】
対応時間
5月26日(水)午前10時~午後7時
5月27日(木)午前10時~午後6時
電話番号
080-3422-7374
070-1433-9057

お知らせ
2021年5月1日

【お知らせ】環境大臣賞の表彰を受けました

JVOADは、令和2年・令和元年大規模災害等の被災地支援活動に対する環境大臣表彰を受けました。同表彰は、大規模自然災害発生時に被災地域に対し、災害廃棄物処理や被災地域の環境保全対策等を考慮して、支援活動を行ったことに対してのものです。多くの支援団体や被災した地元の方々と連携、協働して、環境に配慮をした支援活動を実施したことに対して、皆様の代表として贈られたものと考えております。
同表彰を励みに、今後とも災害支援の仕組みづくりやネットワーク構築の活動に、尽力してまいります。

お知らせ
2021年4月3日

令和3年度 社会福祉振興助成事業(WAM助成)モデル事業の助成団体に採択されました

JVOADは2021年4月1日、独立行政法人福祉医療機構による、令和3年度 社会福祉振興助成事業(WAM助成)モデル事業の助成団体に採択されました。事業名は、「被災者支援コーディネーション機能を確立するための基盤整備事業」です。

災害が起きた際、被災者への支援に「モレ・ムラ」がないようにするためには、支援の調整=コーディネーションの役割の重要性が、これまでの災害現場での振り返りから高まっています。JVOADでは、本事業で、必要な支援が効果的に支援者に届けられるための「被災者支援のコーディネーション」の基盤を整備します。

令和3年度 社会福祉振興助成事業(WAM助成) モデル事業の採択結果は下記のバナーをクリックしていただくとご覧になることができます。

今後、事業の進捗、成果を逐次報告させていただきます。

お知らせ
2021年4月1日

【情報共有】新ボランティア保険「しえんのおまもり」がスタート

 

 

新年度スタートの本日、ボランティア活動の新しい保険「しえんのおまもり」がスタートしました。
一般社団法人FUKKO DESIGNが開発(協力:JVOAD)した同保険は、下記のような特徴があります。

■「しえんのおまもり」の対象…
災害ボランティアセンター(社会福祉協議会)を通じた活動以外で、NPOなどの災害支援団体や、個人が募集するボランティア活動。(※FUKKO DESIGNが運営しているボランティアのマッチングシステム、「スケット」に登録されたボランティア活動が対象です。)
■災害支援での様々なリスクに対応
チェーンソーなどの電動器具を使う作業(森林ボランティアを除く)や、瓦のズレを直したり、ブルーシートを貼ったりする高所作業にも対応。
■スマホでいつでも簡単に加入できる

その他にも様々な特徴を備える同保険の詳細は、こちらをご覧ください。

実際のサイトは下記です。
「しえんのおまもり」→ https://s-omamori.jp/
「スケット」→ https://fukko-skett.jp/

以上、災害時に安心してボランティア活動をするためのツールの一つとして、ご検討いただければ幸いです。

お知らせ
2021年3月18日

【報告】「第25回『震災対策技術展』横浜」のセミナーにJVOADが登壇

「第25回『震災対策技術展』横浜」が、検温や密集回避などの万全なるコロナ感染症対策を講じて、3月17日(水)~18日(木)に、横浜市で開催されました。

17日(水)のセミナーの一つ、「災害時に必要な支援が届けられるコーディネーション ~『中間支援組』の役割~」に、JVOADの明城事務局長が登壇しました。行政、社会福祉協議会(災害ボランティアセンター)、民間支援セクター(NPO・企業等)等の多様な支援主体の連携が進化している近年の災害対応を踏まえ、支援の連携促進と活動調整を担う「中間支援組織」の役割についてを中心に話をしました。また現在のコロナ禍において「感染のリスクを高めない」ことと「必要な支援を届けること」とをどうやって両立するのか、といった新たな局面に入ってきている災害支援のあり方についても触れました。

              セッションで講演する明城事務局長

技術展の出展ブースでは、民間企業や教育機関などが開発、研究した、様々な自然災害へ対応するための最新技術が展示されていました。また、これまで出展ブース内で、「非常食試食体験コーナー」として開催されていたコーナーを拡張し「防災食品展」も初開催され、災害時の食に関する展示が今まで以上に充実していました。

            ITから食品まで様々な最新技術が紹介された

JVOADは、コロナ禍真っ最中の現在、災害について真剣に考え、対応する必要性があると考えています。皆様のご協力をお待ちしています。

お知らせ
2021年3月15日

【福岡県】「災害支援ふくおか広域ネットワーク(Fネット)」とパートナーシップ協定を締結

3月12日(金)、福岡県内にて「災害支援ふくおか広域ネットワーク(Fネット)」の設立総会が開催されました。総会では、同ネットワークの設立趣旨や規約、2021年度の事業計画などが議決されました。

また、JVOADの明城事務局長も参加し、「都道府県域ネットワークサポート事業」によるJVOADとのパートナーシップ協定も締結されました。同総会には九州各県の支援団体関係者も出席。九州圏内の連携を進めていくことも話題に上がりました。
JVOADもパートナーとして、引き続き、同ネットワークと関わってまいります。

お知らせ
2021年3月15日

【新型コロナ対策】避難生活お役立ちサポートブック・補足資料について

「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック・体験レポート」

2月下旬に第3版を公開しました「避難生活お役立ちサポートブック」の補足資料として、2020年の熊本豪雨災害時、実際の避難所で実施された事例をまとめた体験レポートを公開しました。コロナ禍で、実際に開設、運営された避難所の様々な工夫の事例が、分かりやすく紹介されています。
「サポートブック」同様、JVOADウェブサイト『ガイドライン』に掲載されております。ぜひご活用ください。

お知らせ
2021年3月10日

【情報共有】「災害支援用語集 サイガイペディア」をリリース他

JVOADは休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」を活用し、現在、特定非営利活動法人岡山NPOセンターへ助成をしています。東日本大震災から10年を前にした10日、本事業の一環として同センターが作成した、災害に関する専門用語を解説する「サイガイペディア」公開のお知らせがありました。JVOADも作成に協力しております。

またセンター内に事務局を置き、県内で発生する災害時および平時に、民間による支援の協働をするための「災害支援ネットワークおかやま」が、本事業を利用して制作した、岡山県総社市市長へのインタビュー動画も公開しました。合わせてご覧ください。

詳細は下記です。
========================================
◇「災害支援用語集 サイガイペディア」をリリースしました!(下のロゴをクリックするとサイトが開きます)

災害時に被災された方々を支援する行政、ボランティアの皆さん、民間の支援団体などの関係者が、スムーズに活動を行うため、災害に関する専門用語を解説する災害のWikipediaとなるべく「サイガイペディア」を作成公開しました。今後は、各地で支援にあたって頂いている皆さんから随時情報をアップデートいただける仕組みになっております。地方ごとの方言や行政とのやり取りなどで使われる呼称など用語を登録いただける方はフォームよりご登録をお願いいたします。(サイガイペディア投稿者ご登録フォーム)

◇総社市長インタビューを公開しました → インタビュー動画はこちら
11月末におこないました岡山県総社市長に対する物資支援や災害支援に関するインタビューを公開しました。総社市では、2018年の西日本豪雨災害の際、大量の支援物資やボランティアの申し出を受け入れ、物資のフリーマーケットを市役所駐車場に設置。市域を越え真備町の被災者のみなさんを始め広く被災者へ支援を繋げられました。支援のリーダーシップを取られた総社市長に災害時の支援の判断基準、考え方などをお聞きしています。行政・民間のどちらでも参考となる部分が多いインタビューとなっておりますので、ぜひ、ご視聴ください。

お問い合わせ先:
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
TEL:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
URL:http://www.npokayama.org/
========================================
あの日-「東日本大震災」発生から10年を翌日に控え、多くの皆さんに、今こそ災害についてじっくりと考えていただければと、JVOADは願っています。

※「サイガイペディア」に関する情報は、ノウハウ集「災害支援の基礎情報」に入っています。

LATEST ENTRIES

ARCHIVES