最新情報

全ての記事

災害対応
2021年7月6日

静岡県、関東南部を中心とした記録的な大雨について[7/6 現在]

静岡県、関東南部を中心に大きな被害が出ております大雨被害につきまして、JVOADは、7月3日より情報収集を開始し、支援関係者と連携しながら今後の支援に向けた被害状況の確認等を行っております。また、現地では7月3日より、静岡県内の支援関係者を中心とした情報会議が継続的に開催されております。

【被害状況】
・沼津市、富士市・・・被害状況につきましては、昨日以降、新たな情報はありません。
・熱海市・・・大規模土石流が発生した熱海市においては、人命救助が継続して行われています。
一般車両の乗り入れについては未だ規制が敷かれている状況です。
また7月5日18時時点、市内の2つの宿泊施設に、住民の方々が避難されているとのことです。

【ボランティアなどの支援の受け入れ状況】
・沼津市、富士市・・・5日夕の時点で、災害VCの設置については未定です。
・熱海市・・・5日13:00に災害VCが設置されました。→ https://shizuokavc.jp/atami
現在は、自衛隊等による救命救急作業が続いており、関係者以外現場付近に近づくことはできないとのことです。
上記のURLより、ボランティアの事前登録のみ行われています。

【JVOADスタッフの動き】
・5日に静岡県災害ボランティア本部からの依頼を受けて、6日にスタッフが現地入りいたしました。
尚、現地に入るスタッフは、十分な感染症対策を行った上で、弊団体「災害対応ガイドライン」に則り、
活動する予定です。
現地では、すでに職員が派遣されています内閣府、静岡県ボランティア本部等とともに情報を収集し、
今後の支援活動の見立てを行っていく予定です。

一部、詳細を把握していない情報もございますため、皆さま限りでお願いいたします。

【ご支援のお願い】
・JVOADでは今回の大雨被害支援への活動に関して、皆さまからのご支援をお願いしたく、
「令和3年7月大雨被災者支援特定寄付(仮称)」の寄付口座を開設しました。
いただいたご寄付は、今般の静岡県および関東南部大雨被害に対するJVOADの支援活動に活用いたします。
皆様からの暖かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

「令和3年7月大雨被災者支援特定寄付(仮称)」 → http://jvoad.jp/support/

■ 銀行振込
銀行:三菱UFJ銀行
支店:新丸ノ内支店
口座番号:普通預金口座 4175755
口座名義:
トクヒ)ゼンコクサイガイボランティアシエンダンタイネットワーク
特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク

※お振り込み後、以下の内容をメールにて donation@jvoad.jp までお知らせください。
1.お振込み日
2.郵便番号
3.住所
4.お名前
5.ご所属(ある方のみ)
6.ご寄付された金額
7.電話番号
8.領収書の要・不要(要の場合は領収書の宛名)

■ 郵便振替
口座記号番号:00150-4-673593番
口座名:JVOAD
※通信欄へ「令和3年7月大雨」と明記ください。
※お近くの郵便局にて窓口に設置されている「振込取扱票・郵便振替払込請求書兼受領書」へ
必要事項をご記入の上、窓口にてお振込みください。

災害対応
2021年7月5日

静岡県、関東南部を中心とした記録的な大雨について [7/5 現在]

7月1日より静岡県、関東南部を中心に大きな被害が出ております大雨被害につきまして、7月4日夜の時点での現地の状況を共有します。
昨7月4日夕、第2回の静岡県内の支援関係者を中心とした情報会議が開催されました。

被害状況については、一部の地域で停電が発生しましたが、現在は復旧済みとのことです。
富士市、沼津市は、未だ正確な数は確定していませんが、床上、床下浸水被害が報告されております。
大規模土石流が発生した熱海市においては、熱海市を中心とした人命救助が継続して行われています。そのため一般車両の乗り入れについては規制が敷かれている状況です。また、被害地域を中心とした住民のみなさんのための避難所は市内2か所に集約されました。

静岡県内の支援に関しては、静岡県災害ボランティア本部のホームページにて、随時情報を公開しております。

https://shizuokavc.jp/

昨夜の時点では、県外からの災害支援については検討中、控えていただきたいとのことです。

災害対応
2021年7月3日

神奈川県平塚市で「警戒レベル5」(緊急安全確保)が発令[7/3現在]

停滞する梅雨前線の影響により降り続いている大雨で、本日(7月3日)午前、神奈川県平塚市で「警戒レベル5」(緊急安全確保)が発令されました。また、静岡県や神奈川県、千葉県を中心に、東海や関東の広い地域で土砂災害警戒情報、避難指示等が発令されています。

JVOAD事務局では現在、詳細情報を収集中です。
みなさま、十分にお気を付けください。

お知らせ
2021年7月1日

【千葉県】「災害支援ネットワークちば(通称 CVOAD)」が設立

6月29日(火)、オンラインにて「災害支援ネットワークちば(通称 CVOAD)」の設立総会が開催されました。NPOや地元の福祉団体、防災団体などが参加した総会では、日頃からの情報共有などの連携強化のほか、被災地のニーズに沿ったボランティア団体の派遣や、物資支援の援助など、災害時の中間支援組織としての活動方針が確認されました。

※CVOAD は Chiba Voluntary Organizations Active in Disaster の略

お知らせ
2021年6月24日

【お知らせ】「コロナ禍でもすぐにできる!女性の災害への備え」が発表されました

JVOADも協力し、一般社団法人FUKKO DESIGNが作成した、「コロナ禍でもすぐにできる!防災アクションガイド」の第七弾、「コロナ禍でもすぐできる!女性の災害への備え」が、6月23日からはじまった「男女共同参画週間」にあわせて発表されました。

災害が起きた際に特に女性が困る生理まわりや衛生面、避難所生活などでどのような行動をすべきかがまとめられており、女性だけではなく男性も含め、すべての人に知っていただきたい内容になっています。JVOADのウェブサイト内のノウハウ集にも保存しました。
多くの皆様にご利用、またお知り合いへの共有をお願いいたします。

お知らせ
2021年6月22日

【報告】「JVOAD 2021年度第1回理事会・総会」を開催いたしました

6月21日(月)、第1回理事会・総会を開催いたしました。

理事会では、前年度事業報告および決算報告などについて決議がなされ、
活発な議論が交わされました。また、新規正会員の承認もなされました。

総会では、理事会での決議事項の報告、今年度事業について意見交換を行いました。

承認された2020年度事業報告書、決算報告書については、下記リンクよりご覧ください。
http://jvoad.jp/about/outline/

お知らせ
2021年6月16日

【お知らせ】「コロナ禍でもすぐにできる!生活と住まいの再建」が発表されました

JVOADも協力し、一般社団法人FUKKO DESIGNが作成した、「コロナ禍でもすぐにできる!災害対策集」の第六弾が完成しました。今回は「コロナ禍でもすぐにできる!生活と住まいの再建」です。
今回は、自然災害ごとの全般的な備えではなく、災害に見舞われた後の具体的な再建方法に特化した対策集、特に現在、雨が降りやすく河川が増水しやすい出水期に入っていることから、風水害が発生した際の生活の再建の備えがテーマです。
「水害にあったら まず行うこと」と「水害にあったら お金や住まいの支援」の2つに分けています。


↑「水害にあったら まず行うこと」


↑「水害にあったら お金や住まいの支援」

 

また、これまで「コロナ禍でもすぐできる!災害対策集」という名称でシリーズ展開してきましたが、多くの人たちに具体的なアクションを行ってもらいたいと考え、「コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド」に変更されました。今回のシリーズ最新版とともに、新名称を付け、最新情報に更新したこれまでのシリーズも、ノウハウ集にまとめて保存しました。
「いざ!」という時、活用していただければと思います。

お知らせ
2021年6月10日

【お知らせ】冊子「災害時の子育て」をノウハウ集に追加、公開しました

平成30年7月豪雨災害の検証と記録作りの中で、子育て世代の課題が沢山出てきたことで、「災害と子育て研究会」が、実体験をまとめ防災冊子「災害時の子育て」を作成しました。JVOADの当ウェブサイト内の、ノウハウ集-「災害の支援事例」に追加、公開しました。子育て世代の災害時のヒントとして、是非、ご活用ください。

CATEGORIES

ARCHIVES