北海道胆振東部地震 | 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

北海道胆振東部地震支援

北海道で初めて震度7を観測

2018年9月6日、北海道胆振地方中東部を震源として最大震度7が発生し、甚大な被害出ている。火力発電所の被害により、北海道内全域約295万戸で停電が発生する「ブラックアウト」が発生。行政、災害ボランティアセンター(社会福祉協議会)、NPO等の支援関係者による情報共有会議を実施。

お知らせ