お知らせ | 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD) - Part 2

最新情報

お知らせ

お知らせ
2020年5月12日

天皇陛下御即位に際する賜金伝達について

天皇陛下御即位に際し、天皇陛下からJVOADへ
災害時のボランティア活動による被災者支援に関する資として、
金5千万円が賜与されることとなり、
4月28日、宮内庁にて「賜金伝達」がございました。

当日は、西村宮内庁長官よりJVOAD代表理事 栗田に対し
伝達が行われました。

この度の賜与は、これまで災害支援に係わってきた多くの方々の活動が
認められたものと考えており、大変ありがたく思っております。

災害が多発、また広域化する中、多くのセクターが協力し、被災者の方へ
「もれ・むら」のない支援を届けるために活用すると同時に、スタッフ一同
さらに気を引き締めて責務を果たしてまいります。

お知らせ
2020年5月8日

一般社団法人シェアリングエコノミー協会との災害対応に関する連携協定締結について

JVOADと一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、
以下「シェアリングエコノミー協会」)は、災害発生時にシェアリングサービスを通じた支援を
迅速かつ効果的に被災地に提供できるよう、4月30日付で、災害対応に関する連携協定を締結しました。
本協定に基づき、今後、平時及び災害発生時における相互の連携協力関係の構築に向けて取り組んで参ります。

【背景】
大規模な自然災害が毎年発生し、日本各地で甚大な被害が生じる中、行政・NPO・ボランティアなど、
様々な団体・個人が被災地の復旧・復興支援にあたっていますが、支援の担い手は依然として
不足しています。

他方、シェアリングエコノミーが普及し始め、災害発生時においても、新しい災害支援のあり方と
して活用が期待されています。

本協定は、こうした状況を踏まえ、JVOADとシェアリングエコノミー協会が相互に連携協力し、
災害支援活動にシェアリングサービスを通じた支援を取り入れていくことで、
これまで解決できなかった課題を解決するとともに、災害支援に携わる人々の裾野を広げ、
迅速かつ実効性のある災害支援を実現することを目的としています。

また、新型コロナウイルス問題が継続する状況下で自然災害が発生した場合、
これまでの災害支援とは異なる対応が必要になることが考えられます。
本協定では、そうしたコロナウイルス影響下での災害支援のあり方についても
検討していきたいと考えています。

【協定内容】
JVOADとシェアリングエコノミー協会は、災害発生時にシェアリングサービスを通じた支援を
迅速かつ効果的に被災地に提供できるよう、以下のような連携を行います。
(1)平時における連携
● 災害発生時のシェアリングサービスの活用方法や支援プログラム等に関する情報提供
● 関係組織への災害発生時のシェアリングサービス活用に関する周知啓発支援
● 災害支援の知識やノウハウ等に関する情報提供
● 各々が開催するイベントへの相互参加や、相互の関係組織間の交流機会などを通じた関係構築
● 全国の様々な地域の関係組織との関係構築や連携強化

(2)災害発生時における連携
● 災害発生時に活用可能なシェアリングサービスに関する情報共有
● 関係組織間の紹介・支援マッチング
● 被災地域の被害・支援状況等に関する情報連携


お知らせ
2020年4月28日

JVOAD事務局 ゴールデンウイーク休暇のお知らせ

現在、緊急事態宣言を受け、在宅勤務とさせていただいておりますが、
JVOAD事務局は、2020年4月30日(木)、5月1日(金)の2日間、
ゴールデンウイーク休暇とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、代表電話およびお問い合わせメールに関しては、
この間も通常通り対応致します。
代表電話:080-5961-9213
お問い合わせメール:info@jvoad.jp

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

特定非営利活動法人
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)事務局

お知らせ
2020年4月28日

〈報告〉JVOAD会員団体・企業オンライン意見交換会を実施しました

4月24日(金)、JVOAD会員団体・企業とのオンライン意見交換会を行いました。
オンラインでの開催は初めてでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で
在宅勤務なども続く中、被災地の現状やJVOADも含む会員のみなさまの現状、
これからの動きに関して意見交換を行うことを目的に開催しました。

1時間という短い時間でしたが、当日は27名の方にご参加いただきました。
JVOADより、被災地やJVOADの現状、いま災害が起きた場合の対応に関する
動きについてお話しした後、参加いただいている企業・団体の方から
各団体の新型コロナウイルス感染症に対して行っている支援や課題に
ついて共有いただきました。

オンラインでの開催のおかげか、遠方から参加いただいた方も多く、
災害時の対応や今後の連携に向けて、これまでとは違うつながりも
できたのではないかと思います。

今後もオンラインでの勉強会や意見交換会の開催を検討してきたいと思います。

お知らせ
2020年4月27日

新型コロナウイルス感染症に対する支援団体向け情報(4/27更新)

JVOADは、会員企業・団体ならびに会員を通じてご紹介いただいた「新型コロナウイルス支援」に
関する情報をもとに、支援団体向けの情報をまとめました。
支援団体内での活用、または支援先で市民の方へお知らせする際に、ぜひご活用ください。
尚、今後も参考になる情報が入り次第、更新してまいります。

■助成金関係
〇中央共同募金会(赤い羽根共同募金)
「臨時休校中の子どもと家族を支えよう緊急支援助成事業」
第3回公募受付中(2020年4月20日締切必着)
社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者を緊急的に支援する活動を
展開する団体への資金面からの支援

〇パブリックリソース財団
「子ども支援団体緊急支援基金」
「ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金」(2020年4月21日締切必着)
「子ども支援団体等緊急支援基金」(近日中に公募予定)

■相談窓口
〇日本司法書士会連合会
司法書士による電話相談・WEB面談相談
経済的な不安や法的問題を抱えている市民の方々に対して、
司法書士が電話相談・web面談相談を受付

〇認定NPO法人 難民支援協会
「【難民(なんみん)の方へ】新型(しんがた)コロナウイルスについてのお知(し)らせ」
難民の方に向け、やさしい日本語や多言語での情報発信
注:難民支援協会への直接のご相談は、難民の方限定とさせていただいております

訪日・在日外国人の方向けの電話相談窓口として、AMDA国際医療情報センターが、
新型コロナウィルス感染症に関する多言語相談窓口を開設しているとの情報をいただきました。
訪日・在日外国人の方がお困りの場合は、コチラをご案内ください。
◇対応期間:4月10日(金)から 5月20日(水)の約1ヵ月の予定
◇運営時間:10:00〜17:00(無料:日本医師会の助成により運営)
◇対応言語:英語は毎日、中国語は平日、その他の言語は、指定した曜日
(韓国語・タイ語・スペイン語・ポルトガル語・フィリピン語・ベトナム語など)
◇電話番号:03-6233-9266

〇NPO法人日本ファーストエイドソサエティ
支援者向け相談窓口「こころボックス」や乳幼児支援として研修室の開放を行っております。
各地でこのような支援を検討される方には、ノウハウの提供もできます。
このような支援を検討されている方で、アドバイスが必要な方はコチラにある
連絡先にお問い合わせください。

■ハンドブック等
〇(公財)味の素ファンデーション
「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」
免疫力アップのための、栄養バランスが良く&美味しく&簡単にでき&コストが安く済むレシピの公開

〇日本赤十字社
「感染症流行期にこころの健康を保つために」サポートガイドの発行
1.隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ
2.隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ
3.高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方へ

〇ジャパン・プラットフォーム
電子書籍の提供(ノバルティスファーマー㈱より、新型コロナウィルスの影響による在宅者を対象に、
高血圧に関する電子書籍への無料アクセス権のご寄付)
サイトよりBooklive!へアクセスし、会員登録されますと書籍をダウンロードできます。
(ダウンロード期限:2020年5月31日まで)

〇国際救急法研究所
国際緊急法研究所より、東北感染症危機管理ネットワークが発行している「感染予防ハンドブック」
について共有いただきました。
「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」(日本語と合わせて多言語での作成もあります)
尚、本ハンドブックの1部内容の転載・転記ご希望の方は、発行元の東北感染症危機管理ネットワークに
必ずお問い合わせください。

(4月27日更新)
〇支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク(JQAN)
スフィア基準の管理組織であるSphere Associationの新型コロナウィルス感染症特設ページに
掲載された、スフィア基準やパートナー基準類の支援活動への活用についてまとめられたガイダンス
の日本語訳を掲載しています。
こころのかまえ研究会による日本語訳

■その他
〇(公財)日本YMCA同盟
全国にあるYMCAが力を合わせて自宅でできるさまざまなプログラムを提案され、
子どもと一緒にできる英会話レッスンやエクササイズの動画を配信しています。
いま、YMCAができること

〇全国曹洞宗青年会
「おうちで座禅してみよう!」
新型コロナウイルス感染予防のため、在宅されている方に向け、
自宅でできる座禅の作法解説と動画を提供しています。(日本語・英語)

お知らせ
2020年4月9日

長野県災害時支援ネットワークからの支援活動に関する要請について

4月7日、政府より7都府県を対象とした緊急事態宣言が出されました。
長野県はこれらの対象地域には含まれていませんが、新型コロナウイルス感染症の
感染拡大を防止し、皆様の生命と安全を守るため、長野県災害時支援ネットワークより
被災地支援に関わる皆様に向け、下記要請が出されました。

                記

1.緊急事態措置を実施すべき区域とされた都府県、およびその他多くの感染者を
  確認した地域への往来を防ぐため、4月9日から5月6日まで一般ボランティアの
  活動は中止してください。

2.人が不特定多数集まる集会等は基本的におこなわないでください。

3.県内外から被災地支援に入られている個人・団体で、現地事務所および宿泊施設を
  確保していない場合は、一度本拠地に戻り活動を自粛してください。

全文はこちらよりご確認ください。
COVID19_200408(長野県災害時支援ネットワーク)

長野県災害時支援ネットワークについては、コチラよりご確認ください。

また、その他の被災地域においても同様なことが想定されますので、
各地の状況をしっかりとご確認ください。

お知らせ
2020年4月6日

天皇陛下御即位に際しての賜与について

この度、天皇陛下御即位に際し、次の通り、社会福祉事業の資として、
皇室より賜与されることとなりました。

特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク 金5,000万円
災害時のボランティア活動による被災者支援に関する事業の資として。

心より感謝申し上げます。
スタッフ一同、さらに気を引き締めて、責務を果たしてまいります。

お知らせ
2020年3月31日

「新型コロナウイルス感染症サポートガイドブック」のご案内

新型コロナウイルスによる感染拡大が世界中で続いています。
日本国内においても各地で状況は異なりますが、感染者の人数が日々更新されています。

このような状況が続く中、JVOAD会員でもある日本赤十字社では、国際赤十字と協力し、
みなさまの「こころの健康」を保つヒントとなるガイドブック、
「新型コロナウイルス感染症サポートガイドブック」を作成されています。

日本赤十字社ホームページ

3月26日発
新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!
~負のスパイラルを断ち切るために~
3月27日発
「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ
1. 隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ
2. 隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ
3. 高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方へ

ぜひ、みなさまの周りの方にも案内いただき、ご活用ください。

お知らせ
2020年3月30日

被災地における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルスに関する状況が日々変わってきております。
各地で感染症対策に関する情報が発信され、感染者数が多い地域では
外出自粛などの要請も出されています。

被災地では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、支援活動や
情報共有会議等についても規模縮小や中断された状況となっています。

長野県災害時支援ネットワークからも案内が出されていますが、支援に関わる
皆様におかれましては、各地域の状況をしっかりと確認の上、感染症対策を
された上で、支援の検討をしていただきます様お願いいたします。

長野県災害時支援ネットワークからのお知らせ

LATEST ENTRIES

ARCHIVES