お知らせ | 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD) - Part 2

最新情報

お知らせ

お知らせ
2020年1月31日

ガーナ共和国からの視察団と意見交換を行いました

ガーナ共和国の政府・軍関係者が、水害に対する対策を日本から学ぶため
来日していましたが、民間の動きも知りたいということで、1月31日、
紹介先の駐日英国大使館の方と一緒に、JVOADに来所されました。

 

 

 

 

 

JVOADの概要、日本での災害支援の状況や課題、行政と民間の連携について
質疑応答を行いながら意見交換を行いました。

気候変動の影響か、ガーナでも雨の量が増えていたり、雨季ではない時期に
雨が降ったりと、被害が大きくなっているようです。
また、大きな建物がないため、指定避難所のような場所もないこと、
災害が起きるとパニックになる等、お互いの国の状況についても
共有するなど、有意義な時間となりました。

 

 

 

 

 

今後も交流を続けていきたいと思います。

お知らせ
2020年1月27日

「防災とボランティアのつどい」ご案内

────────────────────────────────────
▼令和元年度 防災とボランティアのつどい
 阪神・淡路大震災から25年 災害ボランティアの歩み、いま、これから
 http://www.bousai.go.jp/kyoiku/bousai-vol/index.html
────────────────────────────────────
【日時】令和2年2月2日(日) 13:30-16:30
【会場】兵庫県公館(神戸市中央区下山手通4丁目4番1号)
 https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk02/ac01_000000025.html

【主催】内閣府
【共済】兵庫県
【参加費】無料:どなたでも参加いただけます(事前申込制)

【ウェブサイトからのお申込み】
 http://www.dynax-eco.com/form/tsudoi/
【開催趣旨】
 阪神・淡路大震災の後も、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、
 西日本豪雨、令和元年台風第19号など、大災害が起こり続けています。
 災害ボランティアが被災者支援に欠かせないという認識が
 深まるなか、震災から25年を迎える兵庫県において、
 これまでの災害ボランティア活動の着実な歩みを振り返るとともに、
 災害ボランティアのいま、そして、これからの展望について話し合います。

────────────────────────────────────
【プログラム】(予定) 以下敬称略
────────────────────────────────────
13:30 開会
 防災担当大臣、兵庫県知事挨拶

13:40- 第1部 基調対談「阪神・淡路大震災と「防災とボランティア」」
 ・話し手
  室〓 益輝(兵庫県立大学減災復興政策研究科長)
  渋谷 篤男(中央共同募金会常務理事)
 ・聞き手
  松本 浩司(日本放送協会 NHK解説委員)

14:30- 第2部 リレートーク「阪神・淡路大震災から生まれた多様な人材」
 ・進行
  菅 磨志保(関西大学 社会安全学部 准教授)
 ・話題提供
  野崎 隆一 (神戸まちづくり研究所理事長) 
  高橋 守雄 (ひょうごボランタリープラザ所長)
  長澤 恵美子(一般社団法人 日本経済団体連合会 SDGs本部 統括主幹 )
  東末 真紀 (神戸大学学生ボランティア支援室ボランティアコーディネーター)

15:30- 第3部 パネルディスカッション
「災害ボランティア活動の歩みと、いま、これから」
 ・コーディネーター
  栗田 暢之 (全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)代表理事)
 ・パネリスト
  吉椿 雅道(CODE海外災害援助市民センター 事務局長)
  鹿野 順一(アットマークリアスNPOセンター代表理事)
  樋口 務 (くまもと災害ボランティア団体ネットワーク代表理事)
  詩叶 純子(岡山NPOセンター・まび復興支援センター)
  前原 土武(災害NGO結 代表)

16:30 閉会

────────────────────────────────────
▼参加お申し込み 
 ウェブサイト、メールいずれかでお申し込みください。
【ウェブサイトからのお申込み】
 http://www.dynax-eco.com/form/tsudoi/
【メールによるお申込み】
 以下の要領で、下記のメールアドレスまで送信してください。
 参加申込受付専用メールアドレス:bousai02@dynax-eco.com
 ◯メール件名:防災とボランティアのつどい 参加申し込み
 ◯メール本文
 1)お名前
 2)ご所属
 3)ご住所
 4)お電話番号
 5)メールアドレス
 6)手話通訳・要約筆記・車椅子利用の希望の有無
────────────────────────────────────
【お問合せ先】
 防災とボランティアのつどい事務局 
 (株式会社ダイナックス都市環境研究所)
 〒105-0003東京都港区西新橋3-15-12 GG HOUSE 5F
 TEL :03-5402-5355 FAX :03-5402-5350
────────────────────────────────────

お知らせ
2020年1月24日

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関わる法律」に基づく実行団体公募要領

先日ご案内の休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」
JVOAD公募要項に加えて、指定活用団体であるJANPIAによる「民間公益活動を促進する
ための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく実行団体公募要領となります。

公募を検討される方は、JVOAD公募要項とあわせて、本要領も必ずご確認ください。

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく実行団体公募要領(JVOAD)

【事務局】
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD) 担当:千葉、鈴木
電話:080-5961-9213 メールアドレス:atsuko-suzuki@jvoad.jp

お知らせ
2020年1月23日

〖公募要項更新〗休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」説明会と募集要項のご案内

*1月21日に掲載した募集要項を更新いたしました。
 追記事項は、下記の通りです。
「本募集要項は、JVOADとして求める概要です。応募に当たりましては、追って別途掲載します
 休眠預金等活用事業において、指定活用団体であるJANPIAより共通で求められる公募要領も
 最後までお読み下さい」

=================================================
休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」への募集を行います。

募集要項については、下記よりご確認ください。
休眠預金等活用事業「中核的災害支援ネットワーク構築プログラム」公募要項ver2

また、本事業の説明会を以下の日時で行いますので、関心のある方は
ぜひご参加ください。

◇日時:2020年1月30日(木)19:00~(約1時間程度)
◇会場:新大手町ビル内会議室 (東京都千代田区大手町2-2-1)
    *JVOAD事務局のある建物です

※参加ご希望の方は、事前に事務局までメールにてお知らせください。
 連絡先は、本募集要項末尾に記載しております。
※当日参加が難しい方は、オンライン等の通話手段も含めて、個別に対応いたしますので、
 事務局までご連絡下さい。

【事務局】
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD) 担当:千葉、鈴木
電話:080-5961-9213 メールアドレス:atsuko-suzuki@jvoad.jp

お知らせ
2019年12月24日

年末年始のお知らせ

JVOAD事務所は、2019年12月25日より2020年1月5日までの間、職員が不在となります。
不在中、ご迷惑をおかけします。

代表電話およびお問い合わせメールに関しては、年末年始も通常通り対応致します。
代表電話:080-5961-9213
お問い合わせメール:info@jvoad.jp

また、台風19号被災地で災害対応を行っているスタッフについては、
現地の状況にあわせて対応を行います。

2019年も災害が続いた1年でしたが、みなさまには大変お世話になりました。
どうぞ良い年をお迎えください。

来年もご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)事務局

お知らせ
2019年12月24日

大日本印刷グループ労働組合連合会よりご寄付をいただきました

大日本印刷グループ労働組合連合会より、台風19号被災者支援として
100,000円のご寄付をいただきました。

 

 

 

 

 

頂いたご支援は、JVOADの台風19号に対する支援活動のために
大切に使わせていただきます。

ご支援に心より感謝申し上げます。

お知らせ
2019年12月19日

休眠預金制度 資金分配団体として採択されました

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、JVOADは
災害支援事業分野において事業を申請し、採択されました。

採択事業:「中核的災害支援ネットワーク構築」
-大規模災害に備え、ネットワーキングから始まる地域の支援力強化-

これまでJVOADでは、被災者支援の課題解決のために多様な支援の担い手が
連携して被災者支援に取り組めるよう災害支援のネットワークづくりを行ってきました。
この度、休眠預金を活用することにより、最長3年をかけて、地域の災害対応力や
受援力の強化につなげ、かつ他の地域のモデルとなるような中核的な都道府県域
ネットワーク構築をサポートしてまいります。
本事業により、ニーズに応じた支援が行われ、支援のモレ・ムラがなくなるような
支援のコーディネーションが各地で行われることが期待されます。

本事業にかかる今後のスケジュール等は、ホームページ上にて順次
ご案内させていただきます。

「2019年度資金分配団体の公募結果」につきましては、
指定活用団体JANPIAウェブサイトをご覧ください。
https://www.janpia.or.jp/koubo/index.html#anchor00

お知らせ
2019年12月11日

JVOADは「認定NPO法人」になりました

2019年12月9日、東京都より組織運営の健全性や公益の増進に資すると判断され、
「認定NPO法人」として認定されました。

認定NPO法人となったことで、JVOADへいただいた皆様からのご寄付は、
税制上の優遇措置の対象となります。

【法人によるご寄付】
認定NPO法人への寄付金は、特別損金算入限度額が適用され、一般の寄付金よりも
損金算入額が増えます。

参考:内閣府NPOページ
   法人が認定・特例NPO法人に寄付した場合

【個人によるご寄付】
確定申告を行うことで所得控除又は税額控除を受ける事ができます。

参考:内閣府NPOページ
   個人が認定・特例NPO法人に寄付した場合

参考:国税庁ホームページ

尚、寄付金控除の手続きに関しましては、お近くの税務署へお問い合わせください。

ご不明な点がありましたら、JVOAD事務局までお問い合わせください。

LATEST ENTRIES

ARCHIVES